大型重機紹介

Track

各重機の大きさ比較イラスト
各重機の大きさ比較イラストのメモリ
LR1850の大きさ

プラント建設
などで活躍
LR1850

風力発電の大きさ

地上
風力発電

LTM1800NXの大きさ

風力発電の
メンテナンスで活躍
LTM1800NX

30階建ビルの大きさ

30階建て
ビル

SK3500Dの大きさ

世界最大級
解体専用重機
SK3500D

人の大きさ

170cmの
大人

世界最大級解体専用重機

SK3500D

1
ギネス記録
世界最大級の作業高さ
65.03mを実現しました
2
幅広いバリエーションの
アタッチメント仕様を展開
3
30°チルト式の
高所解体専用キャブを搭載
SK3500Dは、最大作業高65mにも及ぶ世界最大級解体専用機です。幅広・低重心で安定性が高い200トンクローラクレーンの足回りを採用しており、この他にも様々な安全装置を装備、パワフルなエンジンや各種ブーム・アタッチメントにより、安全かつ高性能なビル解体を実現しています。今後におきましては高層ビル解体だけでなく、大型プラントなどの解体におきましても、安全で効率的な作業を実現していきます。また災害支援活動にも能力を発揮できると考えております。
最大高さ 65m

ポイント

  • 世界最大級の作業高さ65.03mを実現しました
    (ギネス記録)
  • 幅広いバリエーションのアタッチメント仕様を展開
  • 30°チルト式の高所解体専用キャブを搭載

最大で19トン
破砕機の使用が可能

解体高さ41mおよび47mの3つ折れ超ロングアタッチメント仕様にはKR1600TPRといった12tクラス、32mのセパレートブーム仕様にはKR2000TPRといった19tクラスの超大型破砕機を装着可能です。

30°チルト式の高所
解体専用キャブを搭載

上方視界に優れた解体専用キャブを採用。最大30°までチルトでき、上を向いた作業が楽に行えます。

高所解体機ならではの
先進安全設計
  • 万一の油圧配管損傷時でもブーム落下を防止するブーム落下防止機構
  • 許容角度を超えるとブザーで知らせる車体傾斜警報装置
  • キャブ内から作業状況確認や安全確認できる作業先端確認カメラと後方確認カメラ
  • 作業時の不用意な操作を防止するレバーロック、ペダルロック
  • 全てのレバー、ペダルを油圧ロックする乗降遮断式レバーロック

外形寸法 〔作業時〕

最新鋭大型解体専用重機

SK2200D

1
大型の先端アタッチメント装着により、基礎撤去の際、
巨大なコンクリート製でも圧砕できる
2
操作性と高い機動性で
素早い動きも可能
3
最大高さ46m
大型の先端アタッチメント装着により、工期の短縮を図れる200t級超大型建物解体専用機。輸送性へのさまざまな配慮により、工場から現場へ、高い機動力を発揮します。
セパレートブーム使用時には開口幅3m、破砕力670tのニブラー形式のアタッチメントを装着可能で、基礎撤去の際、巨大なコンクリート梁でも圧砕できます。また、地下約12m(ビルの地下3〜4Fに相当)まで、広範囲な解体作業に対応できます。
なお、建物解体重機による橋梁(大規模構造物)解体工法としてNETIS(登録番号:SK-140009-A)にも登録されています。
最大高さ 46m

ポイント

  • 大型の先端アタッチメント装着により、基礎撤去の際、巨大なコンクリート製でも圧砕できる
  • 操作性と高い機動性で素早い動きも可能
  • 最大高さ46m

最大で18トン
破砕機の使用が可能

セパレートブーム使用時には開口幅3m、破砕力670tのニブラー形式のアタッチメント(KR3000R)を装着可能で、基礎撤去の際、巨大なコンクリート梁でも圧砕できます。
従来ブレーカー等で行っていた基礎解体作業に比べて、飛躍的に作業効率を向上でき、騒音や振動も少ないため周辺環境にも配慮した破砕作業が可能です。

棟梁解体工法として
NETISにも登録

橋梁の解体に超大型の建物解体機を使用する工法で、足場及び解体物仮受支保工の設置が不要なため、大幅なコスト削減が図れます。
また、解体処理能力が大きく、一度に小割まで行うので、工期短縮のメリットがあります。
他にも従来技術に比べ、施工時の騒音・振動が少なく、補助作業員を配置しなくても粉じんの影響を受けにくいことから、周辺環境に配慮した工事が可能です。

外形寸法 〔作業時〕

All Terrain Crane

LTM1800NX

風力発電のメンテナンスで活躍

1
最大地上揚程158m

「LIEBHERR リープヘル製 800t オールテレーンクレーン」は最大吊荷重800t・作業高158mといった特徴を備えております。
今後におきましては大きな作業半径を必要とするプラント建設工事、大型プラント解体で活用を予定しており、安全で効率的な作業を実現してまいります。

最大荷物量 800t

ポイント

  • 最大地上揚程158m

風力発電のメンテナンス、設置工事などで活躍

LTM1800NXは、主に風力発電のメンテナンスや設置工事などで活躍しています。LTM1800NXの特徴の1つであるエコドライブは、エンジンの回転数を制御することにより、クレーンの快適性と静粛性を大幅に向上させます。早いギアシフトはオフロードでのダイナミックさとトラクションを向上させます。

基本スペック

吊り上げ荷重 750ton×3.0m
メインブーム長さ 16.3~52m
補助ジブ 固定式(チルトタイプ) 6~62m
起伏式 21~91m
メインブーム伸縮段数 4段
カウンターウエイト 204ton
第1ウインチ ラインブル 14.4ton
巻上速度 0-106m/分
ワイヤー長さ/径 700m/25mm
第2ウインチ ラインブル 14.4ton
巻上速度 0-104m/分
ワイヤー長さ/径 950m/25mm
第3ウインチ(起伏ジブ用) ラインブル 14.4ton
巻上速度 0-104m/分
ワイヤー長さ/径 1005m/25mm
最大地上揚程 メインブーム 55m
補助ジブ 158m
旋回速度 0-0.9rpm
起伏速度(85度まで) 約120秒
ブーム伸縮速度 300秒

外形寸法 〔作業時〕

Crawler crane

LR1850

風力発電のメンテナンスで活躍

1
最大揚程200m
2
V フレーム
3
最大吊り上げ荷重800t
製造プラント、石油化学プラント、発電所、などの建設に向けたラフィングジブ及びデリックブームを備えたとても強力なクレーンとして設計されています。また風車建設や風車メンテナンス作業のための数々の利点を備えています。この800tクレーンはベーシックマシンが3mでありながら、現在最も強力なクローラークレーンです。特に剛性が強くなっています。さらに上部旋回体を取り付けるためにクイックコネクションが標準装備であり、輸送を大幅に簡素化しています。
最大吊り上げ荷重 800t

ポイント

  • 最大揚程200m
  • V フレーム
  • 最大吊り上げ荷重800t

基本スペック

最大積載量 800 t
半径 9.00 m
メインブーム、軽/重 最長 180 m
最大負荷トルク 11,200 tm
デリックブーム最長 39.0 m
中央バラスト 90 t
上部構造上のバラスト 230 t
デリックバラスト 400 t
エンジン出力 455 kW

Drilling rigs

LB24-270

1
様々なアタッチメントを使用し、
地中障害を破砕、撤去。
杭や障害の残置を防ぎます。
2
コンパクトなボディで小スペースでの組立~施工可能。
隣接際の施工もお任せください。
3
油圧ユニット・発電機等無しで掘削可能。
作業時は相判クレーンも不要。
トータルでの排出ガス低減を実現。
『LIEBHERR リープヘル製 ドリリングリグ』は掘削トルク270kNm(27t)・掘削深度34mの削孔能力を持ちます。
都市部や狭小地での建て替え工事で発生する、古い杭や山留材の撤去を行います。 杭抜き工事で撤去困難な杭の折れ、破損、ジョイント不良も破砕し撤去致します。

ポイント

  • 様々なアタッチメントを使用し、地中障害を破砕、撤去。杭や障害の残置を防ぎます。
  • コンパクトなボディで小スペースでの組立~施工可能。
    隣接際の施工もお任せください。
  • 油圧ユニット・発電機等無しで掘削可能。作業時は相判クレーンも不要。
    トータルでの排出ガス低減を実現。

基本スペック

技術データ LB24-270

全高 22.85m

連続リグ傾斜調整

傾方傾斜 ±8°
前方傾斜
後方傾斜 15°

技術データ LB24-270 
オプション装着付

全高 24.12m

連続リグ傾斜調整

傾方傾斜 ±8°
前方傾斜
後方傾斜 15°

作業重量 LB24-270

総重量(700mm3ウェブシューズを含む) 75.9t

作業重量 LB24-270 
オプション装着付

総重量(700mm3ウェブシューズを含む) 78.6t

Crawler crane

TK750

TK750は、クローラ式特有の安定性や吊り上げ能力と、自動伸縮ブームの優れた作業性を合わせ持つ クローラクレーンです。ブーム長さの変更など柔軟な現場対応力、ブーム組立・分解が不要であること、コンパクトボディと 取り回しのよさ、不整地走破性による現場内機動力、 安全性や快適性などが特徴です。