分析事業

Institute of Environmental
Science and Technology

未来の環境のため、
環境問題を先取りし、解決する
2009年秋、東温市河之内に環境科学研究センターを設立しました。
2010年2月には計量法に基づく計量証明事業の登録を行い、「大気、水又は土壌中の物質の濃度に係る事業」を実施しております。
優秀なスタッフを揃え、最新鋭の分析・計測機器を整備し、計量証明事業はもとより複雑・多様化する環境汚染を未然に防ぐための調査・提案・施工を、弊社関連部門と連携して行います。
treatment-main-image

環境科学研究センター

■ 計量証明事業・環境調査

最新鋭の分析機器を整備・迅速かつ信頼性の高い分析を実施。
水質分析
河川水・地下水などの環境基準項目や排水の有害物質項目等を分析します。
大気分析
焼却施設等の排ガスに含まれる有害物質の測定を行います。
廃棄物分析
産業廃棄物の埋立処分に係る判定基準項目等を分析します。
作業環境測定
労働安全衛生及び、作業環境測定法に基づく作業環境中の有害物質の測定を行います。
土壌分析
土壌の環境基準項目や、土壌汚染対策法、県の土砂条例などで規制されている項目を分析します。
PCB分析
トランスやコンデンサ等の絶縁油や、その他PCB含有廃棄物に含まれるPCBの濃度を測定します。
アスベスト分析
建材中に含まれるアスベスト分析や、解体作業現場の繊維状物質の測定を行います。
放射能測定放射線量率測定
食品、水質、土壌などに含まれる放射能や、空間の放射線量率を測定します。
その他
法令等に基づかない各種分析につきましても、ご相談に応じます。

■ 環境修復

土壌汚染の現地調査、最適な無害化方法の提案、経済的で迅速な施工。
土壌汚染状況調査
弊社関連部門と連帯し、土壌・地下水の汚染の有無を確認します。
詳細調査
汚染範囲を確定するための詳細調査を行い、効率的な除去方法について提案します。
無害化処理工事
ロータリーキルンを活用した焼成や、選別・洗浄施設による無害化処理が可能です。弊社関連部門が一体的に対応し、信頼性の高い除去・無害化処理工事を迅速に行います。

■ 啓発事業

環境科学に関する研究

21世紀は環境の世紀といわれており、今後ますます環境を通じた産業の発展が期待されています。廃棄物を通して、処理技術や分析手法の確立を行うとともに、環境科学に関する産官学共同研究等に積極的に参画し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

廃棄物処理の流れ

当社では、分析から最終処分までを行う一貫処理体制が確立されています。通常の産業廃棄物をはじめ、PCB含有廃棄物、汚染土壌、廃石綿等の各処理事業において、 迅速かつ確実に分析・処理することで、事業者の皆様のご負担を軽減し、環境負荷を最小限に抑制して、地域の皆様に貢献できるよう努めてまいります。
img-demolution

法令による登録・指定

計量証明事業 事業の区分 濃度(大気、水又は土壌中の物質の濃度に係る事業)
登録番号 愛媛県 第環50号
指定調査機関 指定番号 環境省 2011-6-2003
作業環境
測定機関
作業場の種類 作業環境測定法施工規則別表 第一号、第三号、第四号、第五号
登録番号 愛媛労働局38-20

顧問

学術顧問 林 秀則 元愛媛大学 教授

オオノアソシエーツ内の水質管理の徹底

オオノアソシエーツ各社から排出される水質について、法令の義務に基づく分析はもちろん、定期的な自主測定を行うことにより、社内設備の維持管理に努めています。

処分場排水分析

フレップとうおん内にある最終処分場からの放流水や浸透水について分析を行い、処分場の維持管理を行っています。

浴槽水分析

媛彦温泉・たかのこの湯の浴槽水を自主的に検査し、お客様の安全の確保に努めています。

  • アスベスト分析

    VIEW ALL
  • PCB分析業務

    VIEW ALL
  • 土壌汚染対策業務

    VIEW ALL
  • 使用分析機器、有資格者、法令等

    VIEW ALL