低濃度PCB廃棄物
とは?

About

PCBはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、人工的に作られた物質です。
PCB含有のおそれがある高圧コンデンサやトランス等の廃棄物は、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」により、PCB含有の有無を確認の上、2027年3月31日までに処理することが義務づけられています。

PCBの性質

水にきわめて溶けにくく、沸点が高い等の物理的な性質を有する、主に油状の物質です。また、熱で分解しにくく、不燃性で、電気絶縁性が高いなど化学的にも安定した性質を有しているため、さまざまな製品に使用されました。

PCBの使用例

用途 使用製品・使用場所
絶縁油 トランス用 ビル・病院・鉄道車両・船舶等のトランス
コンデンサ用 蛍光灯の安定器、直流用コンデンサ、蓄電用コンデンサ等
潤滑剤 高温用潤滑油、油圧オイル、真空ポンプ油、切削油、極圧添加剤
可塑剤 絶縁用 電線の被覆、絶縁テープ
難燃剤の使用 ポリエステル樹脂、ポリエチレン樹脂
その他 ニス、ワックス、アスファルトに混合
感圧複写紙塗料・印刷インキ ノンカーボン紙(溶媒)、電子式複写紙
印刷インキ、難燃性塗料、耐食性塗料、耐薬品性塗料、耐水性塗料

PCBの毒性

皮膚や気化したものを口から吸引等により体の中に入り込み、脂肪に溶けやすい性質から体に蓄積します。PCBの中毒症状として、目やに、爪や口腔粘膜の色素沈着、ざ瘡様皮疹、爪の変形、まぶたや関節の腫れなどが報告されています。

PCB廃棄物の分類

種類 高濃度PCB廃棄物 低濃度PCB廃棄物
微量PCB汚染廃電気機器等 低濃度PCB含有廃棄物
要約 PCB油を絶縁油として
使用したもの
数mg/㎏から数10mg/㎏程度のPCBに
汚染された絶縁油が非意図的に使用さ
れたもの
PCB濃度が0.00005%(=0.5mg/kg)を超え
0.5%以下のもの
(ただし、可燃性のPCB汚染物について
は、10% (=100,000mg/kg)以下のもの)
対象物 高圧コンデンサ、高圧トランス、
安定器等
高圧トランス、低圧トランス、
OFケーブル、リアクトル等
廃油、汚泥、廃油、金属、ウエス、
塗膜くず、感圧複写紙等
判別方法 機器の銘板記載内容や
製造年等により判別
基本的には分析による確認が必要
処理 JESCO
(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)
環境大臣もしくは県に認められた無害化処理施設
処理事業トップへ