管理型埋立処分場

Controlled Landfill
Disposal Site

最新の技術を駆使し、国内にある最終処分場でもトップクラスの設備、環境への配慮と安全性を併せもっています。
昨今の環境を取り巻く問題が山積みの状況の中、2019年に管理型埋立処分場を拡張しました。埋立容量は約300万㎥あり、これからの計画的な長期稼動に十分に耐えうる規模をもつ、管理型廃棄物の最終処分施設です。
処理能力
3,087,100㎥
■ 概要
主要仕様 2019.10月設置
ベントナイト混合土底盤、ウレタン吹付遮水工

埋立完了後の将来イメージ

法面部を緑化します。処分場は埋立が終了した後も安全が確認されるまでは長期にわたり責任をもって管理が継続されます。

ゴミの種類

  • 燃え殻
  • 汚泥
  • 鉱さい
  • ダスト類
  • 石膏ボード
  • 廃石綿など

オオノ開發の管理型埋立処分場は現在考えられる最新の技術を駆使し、国内にある最終処分場の中でもトップクラスの設備、環境への配慮と安全性を併せもったものになります。
浸出水は、膜処理を採用した高度水処理施設で浄化処理しています。

■ DSC工法(ダイレクトスプレーコントロール)
オオノ開發の管理型埋立処分場は規模の大きさに見合った『安心』を実現するために、DSC工法を導入しています。 DSC工法とは下地のモルタルにポリウレタン樹脂(速硬性遮水材・緩衝性遮水材)を直接吹付けて密着させることにより強固な遮水層を形成するものです。

遮光材

速硬性遮水材

緩衝性遮水材

下地接着剤

下地(モルタル吹付)